2016年09月20日

ちょーじ君 (パート5)

術後の変化もなく、お元気です。

さてさて、ちょーじ君ですが、
ブリーダーからの保護としか聞いておらず、保護前の生活の情報がほとんどありません。

なので、推測ですが・・・、
ゲージから出るのも、散歩するのも、人や犬と接するのも、
多分、現在が初めてではないかと。

ゲージから出せば、部屋を落ち着きなくウロウロ歩き続けます。
犬用のクッションや布団等を置いてやっても使い方が分からず、知らん顔。
結局、クッションの上ではなく、
IMG_5213_R_0920.jpg
扉の前。(苦笑)
(扉の向こうに扇風機があるから涼しいと言う理由からかも知れませんが…笑)

散歩は、今のところ、下手っぴのまま。
少し歩いては、嫌がり歩かず。その繰り返し。

人に対しては・・・、
今まで預った保護のワンちゃん達は、仮飼い主にベッタリ。
まるでストーカー状態でしたが、ちょーじ君は、自由です。
甘え方も、知らない感じで、どう接したらいいのか分からず、甘噛み。(苦笑)
それが、最初のブログで書いた、歯をあててくると言った感じです。
初対面の人には、気に入らないと唸ったりすることもありますが、(汗)
ちょーじ君の許容範囲が、まだ狭いんだと思います。
安心できれば、歯をあてる事(本気噛みではありません)も唸る事もしませんので。
不安なだけで、いい子です。

犬(先住犬)に対しては・・・、
犬との接し方も上手だとは言えませんが、
お腹を見せたり、引いたりする事も出来るので、
経験を積めば、もっと上手く接する事が出来ると思います。
(散歩での威嚇や吠えは、全くなしです)

いずれにせよ、今からが、ちょーじ君のスタートですから。
知らないとこ、出来ないこと、が多くて当たり前。
本当の飼い主さんに出会うまで、色んな事を吸収していって欲しいと思います。

取り合えず・・・、『お座り』と『散歩』、出来て欲しいな。(笑)





posted by ふりかけ at 10:37 | Comment(0) | ちょーじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。